流されて過ごしてしまいがちな日常をちょっぴり振り返ることも必要かな。四人の子ども達と共に進んだりあと戻りしたり・・。元気に楽しく生きるすべを探し続けています。


by tnonkimama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おいしい?

f0092416_8391517.jpgゆっちゃんをおけいこに送っていく時、ラジオを聞いていたらレシピやってました。
じゃがいもと玉ねぎを薄切りにしてバターで炒めてから、アサリを入れます。あと塩こしょう少々ね。
じゃがいもと玉ねぎの入ったアサリバターです。
あつあつはかなりおいしい!ビールにピッタリ!!
しかし子どもはアサリだけを上手に選ぶ・・・。
野菜も食べようよ~。
[PR]
# by tnonkimama | 2006-04-01 08:31

ちょうちょ

春休みのある日、新3年生のくっちゃん、なっちゃんと2才けっくんは、となりの田んぼでちょうちょを追いかけました。「小鉄ちゃん(隣家のワンワン)のばぁちゃんの畑にはきゃべつがたくさんだから、ちょうちょがたくさんくるんだよ。」とくっちゃん。「へ~ぇ。」と私が感心すると、「きゃべつに卵を産むんだよ。」とけっくんに教えてる。「うん。わかった!」とけっくん。
本当に分かっているかはあやしいけれど、2人共満足の笑顔だからまる!!

f0092416_8293813.jpg

[PR]
# by tnonkimama | 2006-03-31 20:00 | 子育て

じじ

今年も元気に泳いでいます。
我が家のじじ。
「じじ!じじ!」って、見に来る子どもはみんな叫びます。(苦笑)
f0092416_20442380.jpg

[PR]
# by tnonkimama | 2006-03-29 20:43 | 子育て

のびる子ども

春休みに突入しました~。
我が家は四人の子ども達で大にぎわいです。イェ~イ!(やけくそ!)
今通知表のことを「のびる子ども」といいます。評価は絶対評価という方法で、他人に比べるものではなく、その子ども自身がめあてについてどの位達成できたかを評価します。と・・・これがなかなかわかりずらいです。自分自身は相対評価しか経験したことがありませんし・・。評価段階も1,2,3なんです。むかしって、イヤちょっと前って5段階評価だったから最高でも3って、なんだかさみしいです。その子のがんばりを褒めてあげるきっかけにできれば良いのでしょうが。
それよりも気になるのは、生活面の評価です。「公共の物を大切にできる。」とか「好き嫌いや利害にとらわれないで行動する。」とか「自分でやらないといけないことは最後までがんばる。」とか。ここも3段階評価なんです・・・。これって親のしつけ度を評価されているようでつらいです。娘達の行動ってば、私にそつくりなんですもの。重々反省いたします。それにしても先生は子どものこと良く見ていますよね~。生活面の評価については毎回ホント納得しちゃいます。
とにかく今年度も元気に楽しく学校に行ってくれて母は満足です。お受験なんぞ関係ないこの田舎でのびのび暮らすのもなかなか良いものだと感じる今日この頃です。
[PR]
# by tnonkimama | 2006-03-28 01:29 | 家族

心の支援

子育て支援について行政の方々とお話をしました。
最近は少子化対策が注目をあび、次世代育成支援推進法の策定などがおこなわれています。「支援」というと「受けるもの」と感じてしまいます。私としては、受身ほどつまらないものはありませんが・・。
経済的支援は「お~ラッキー!」と思います。はじめから「経済的支援があるから子どを・・。」なんて親はいないと思います。以前子育てサークルの仲間に「月にいくらもらえるなら、あと一人産むか?」と言うアンケートを取りました。皆さん「十万円なら考えてもいい。」と。現実的ですよね・・・。「産む。」ではなく、「考えてもいい。」というのもなかなかです。
お金じゃないのは確かです。でも・・・お金持ちの家の子どもが塾や私立の学校に行って、一流企業に就職して、高い賃金得てまた裕福な生活を送る・・・。ほりえもんじゃないけれど、「幸せはお金でかえるのかしら・・・。」なんて思ってしまいますね~。幸せの感じ方は皆さんそれぞれですから、「私は幸せ。」と思える人が得ですよね。
心の支援をどう進めていくかが、子育て支援を少子化対策に結びつけられるかを握っているように思います。お母さんは育児休業中、子どもと一緒にいられる幸せを感じながら一方では社会からの疎外を感じます。もっともっと子連れでもできることを増やす事だと感じます。映画や演奏会、お芝居や講演会や勉強会など人が集まるところには必ず安価で託児所を設ける、などという法律なんかがあると子育て中の親の心の支援だとおもいます。「子どもがいるからできないこと。」をどんどん減らしていくことです。子どもがいても心に栄養は必要ですもの。そうなれば、「結婚か仕事か。」「出産か仕事か。」「自己実現か子どもか。」なんて悩みは無くなると思うんですが・・。
行政担当者に「四人目の保育料を無料にしてください。」と頼んだら、思い切り笑われました。本気だったのに・・・。
[PR]
# by tnonkimama | 2006-03-26 12:34 | 子育て

チィクショ~

2才のケッ君。我が家のアイドル。いつも笑わせてくれます。
「チャンチャアチャンチャン♪ チャアチャアチャチャンチャン♪」 そう こうめだゆう!
扇子代わりに手に持っているのは、あっ~!先日の検定試験でどうしても 憶えなくてはいけなかった公式がたっぷり書かれた単語カードじゃないか~。
きびしい思い出のカードがおかしいカードに変身!!さんきゅ~息子よ!
[PR]
# by tnonkimama | 2006-03-25 18:49 | 家族

料理に想いをこめる

f0092416_167354.jpg
18日土曜日に久留米市のかすみ草でランチをいただきました。
半年間企業塾でお世話になった方々との、おつかれさま会です。
皆さん前向きな方々でお話を聴くだけでも勉強になります。
何より皆さんの中にいると楽しいのです。
この企業塾には大分無理を押しとおして通いました。
2才のケッ君を連れて託児に預け、娘達は6時間ほどのお留守番。
自分のために家族皆に協力してもらった感じです。

そうそう 肝心のランチですが、久々に心に響くお料理でした。
オーナーのメッセージをビンビンに感じましたよ。
お料理の新しい楽しみ方を発見した気持ちです。想いを込められた料理は、その想いを感じながらゆっくりと頂きたいものです。
大切な人を連れてまた是非訪れたいです。お腹も心も満たしにね。
素敵な時間をありがとうございました。
[PR]
# by tnonkimama | 2006-03-20 16:26

くっちゃんったら

くっちゃんの「あのねノート」をこっそり読んだ。
「先生あのね、・・」で始まる日記のような物です。

   先生あのね、わたしの宝ものは家族です。
   ごはんをいっしょに食べたり、旅行に行くととても楽しいからです。
   ケンカもできるきょうだいもいて、よかったです。 
   お父さんとお母さんがわたしを大切にそだててくれて、かんしゃしています。

くっちゃん お母さんこそありがとう。「子育てでイライラする。」なんて言ってごめんね。
お母さんの毎日が楽しいのは、くっちゃんのおかげです。
これからも楽しいこと いっぱいしようね。
[PR]
# by tnonkimama | 2006-03-17 19:43 | 家族

誰のために・・・

子どもを四人授かって、何とか毎日をこなしています。
自分のための時間はなかなか持つことができなくて、ついついイライラしてしまいます。
子育てを始めた頃は、生活をまわすだけで精一杯でした。10年越えると少しずうずうしくなって、「私だって、好きなことしたい!」とムクムク気持ちが膨らんできます。「となりの芝生は青々と」・・・時々自立したカッコイイ女性をうらやましく感じたりします。独りで映画を見たり、静かに本を読んだり、夕飯のメニューなんぞ気にしないでゆっくり買い物もしてみたい。
日曜日に資格試験を受けました。結果は・・・まぁ気にしないで。試験の勉強は眠いし、記憶力の低下を感じるし、成果はなかなか表れないし、つらい・・・。でも、そんな追い詰められた自分を楽しんで見ているもう一人の自分がいます。誰のために頑張りたいのか?自分のために頑張れる自分でいたい。どんなかたちであれ、まだまだ自分という人間を試してみたいんだろうなぁ。
[PR]
# by tnonkimama | 2006-03-15 23:51

はじめまして

子ども達がやっと寝た後、なんとなーくテレビをみていました。
IT難民という言葉を初めて聞きました。
パソコンが普及しはじめた約10年前に結婚や出産で退職した女性達。育児が一段落して、いざ社会復帰!と思ったら・・・。今やパソコンは一人一台以上。うらしま太郎子の女性達は途方にくれるのでした・・・。
私のことじゃん!
学生時代の友人に「ブログ始めたい」と言ったら、優しく教えてくれました。ありがと~。
結婚12年、子ども4人、自営業手伝い、私の日常って結構おもしろいです。
ブログを開設したら、またまたお楽しみが増えました。やったネ!
[PR]
# by tnonkimama | 2006-03-14 15:02 | はじめまして