流されて過ごしてしまいがちな日常をちょっぴり振り返ることも必要かな。四人の子ども達と共に進んだりあと戻りしたり・・。元気に楽しく生きるすべを探し続けています。


by tnonkimama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

主婦度

高田悦也先生のお話を聞きにいきました。
今回のいちおしは「主婦度」のはなし。

「主婦」とはなんぞや??
から始まったお話。

最近では育児休業をとって一手に家事を引き受ける「主夫」も登場してきました。では一方で「主夫」に家事一切を任せて仕事だけをする女性は「主婦」ではないのか?

共働きで「食事だけ」を作る女性は「主婦」?
「洗濯だけ」しかしない女性は「主婦」?
「掃除だけ」しかしない女性は「主婦」?
共働きだから夫と妻が家事を半々でする場合には「主婦」と「主夫」??


ある女性は正社員でばりばり働いています。残業で帰宅が遅くなってしまいました。自分が仕事から帰ったら子ども達と夫は既におばあちゃんが作ってくれた夕食を食べ終わってテレビを見ていました。食事の後片付けも既に終わっていました。洗濯物は綺麗にたたまれていました。お風呂ももちろん沸いていました。女性はひとりで夕食を食べながら涙がでました。「私は家族にとって必要なのだろうか」
さあ、この女性は主婦ではないのでしょうか?・・・いいえ、立派な主婦です。家族のために何かをやりたいのに何もしていない自分に涙を流すのですから。家事をこなすことではなく家族みんなのことを愛しく思う気持ちが大切なのです。



「家族のために何かをしてあげたい」そんな自然な気持ちから家族のために当たり前のように食事の用意をし、洗濯をし、掃除をする。気持ちの良い布団に寝させてあげたい、という気持ちから布団を干す。「家族のために自然とやってあげたくなる気持ち」が家族の中で一番強い人が主婦。その気持ちを表すものが主婦度。


夫が洗濯物をたたんでくれることを
「ありがとう、ラッキー」と思うか
「あら、私がやるのに」と思うか
そこには微妙な主婦心があるのです。
主婦度は高ければ高いほど良い、というものではなく、
バランスの問題で
主婦度の高い奥さんには主夫度の低い夫。
主婦度の低い奥さんには主夫度の高い夫。
が、バランスの良い夫婦だと言えます。
夫が家事をすることを喜ぶ奥さんもいれば、あまり喜ばない奥さんもいるのです。自分のやり方に手を出してもらいたくない・・・という奥さんもいるようです。


共働きで夫婦のどちらもが忙しいと色んなことは言ってられません。お腹が減れば食事の用意が必要だし、洗濯も掃除もしなければ生活が成り立ちません。生きていかなければなりませんもの。




「主婦度」のお話しから沢山の気付きがありました。
「ワークライフバランス」が流行っていますが、そのバランスは人それぞれです。そんなに簡単に形だけではうまくいくものではないですね。バランスは心ではかるものですからね。
[PR]
by tnonkimama | 2009-01-31 18:58 | 子育て

考えるより行動だね

桑田くんが早大大学院に進みますね。
単純な私は彼の行動に勇気とやる気をもらいました。
レベルが違いすぎるけど(笑)

私も
がんばろっと!
[PR]
by tnonkimama | 2009-01-29 15:11 | 日常

山は翌日もゆき♪

f0092416_19492143.jpg

雪2日目。
今日は子ども達と山登りに行く約束をしていました。
朝、目が覚めるとベランダの手すりに3センチくらいの雪が積もっていました。
道路は全然大丈夫だったので、寒いけれど山登りに出かけました。

山登りのプロの引率で雄岳へ登ります。
大人と子ども合わせて13人の登山隊。
さあ、一体標高どのくらいなのでしょうか?
何も知らないまま登っちゃいました。
母の思惑の中では、5才けっくんはお父さんとお留守番の予定でした。
しかし・・・
大声の母は内緒ばなしというものができないので、いつの間にかこのことを知っていたけっくんは、当然のようにリュックに必要なものを準備していたのでした。仕方ないので母はけっくんをおんぶすることも覚悟の上で出かけることにしました。
f0092416_19494548.jpg

山に入ると平地とは違って雪が積もっていました。元気な子ども達はルンルン登ります。
6キロを約1時間半かけて頂上まで登りました。
頂上で雪が、がば降ってきました。(すごくたくさん降ってきた)
なんでこんなことになるのでしょうか?誰の日頃の行いが悪いというのでしょうか?(笑)
頂上でうどんを食べたのですが、うどんの鍋のスープが沸騰するまでが一番寒かったです。
心の中で「何もこんなゆきの中でうどんを食べなくてもいいのに」と思っていたことは内緒。(笑)
イヤ、しかし、雪の中の温かいうどんは最高に美味しかったです。
f0092416_1950836.jpg

けっくんですが、なんと往復12キロを自分の足で歩き通しました。
すごーーーい!えらーーい!
2匹のくろちゃんとちゃちゃん(犬)も一緒に登りましたが、最初は怖がっていたのに下りは、すっかり仲良くなってリードを持って得意げでした。


子どもは親が思っている以上の力を持っています。
黙って置いていこうとした母をお許しください、ごめんちゃい!!

寒い寒い雪でしたが、とってもアクティブな週末でした。
バイクで上半身の筋肉痛(特に背中、お腹、腕)となり、
登山で下半身の筋肉痛(特にふくらはぎと股関節あたり)となり、
今日は全身が痛いわけですね。(笑)


しかし下山後のみんなとの宴会で思い切り飲んだら、翌日プラス1キロでした。
どうなっているんでしょうね、あたし。
[PR]
by tnonkimama | 2009-01-26 16:30 | 日常

山はゆき♪


f0092416_11554521.jpg
雪は前の晩から降り、少し積もっていた。
気温は低いけど、おひさまが照っていた。
山に入ると雪はそれほど積もってはいなかった。
山道が凍っている、という表現の方があっているかな。
漕ぐきっと暑くなるし・・・と思って、スタート前に一枚脱いだ。
これ、正解。
山道に入る前の舗装道を漕いだだけで暑くなり、山を登り始めると汗をかいた。

久しぶりの山だったので、ちょっと漕いだだけで息が上がってしまう。
年末からの食べすぎもおおいに影響しているみたい。
下りはツルツルで危なすぎ。凍った道は転んだらきっと痛い。もう少し雪が積もっていれば転んでも大丈夫なのに、どうせならもっと降れば良かったのに・・・とか勝手な自分。

それでもやっぱり山はいい♪
f0092416_11532620.jpg

[PR]
by tnonkimama | 2009-01-26 11:57 | 自転車

ひらがな♪

ある日けっくん(5才)の保育園カバンのポケットにひとつ年上の女性からのラブレターがそっと入っていた。その内容はあえて秘密にしておくが、そんなことよりけっくんはひらがなが読めない。
けっくん:「ねえ~何て書いてあると??」
と母にたずねるけっくん。大声で読んであげる母。
くっちゃん:「わぁ~けっくん最低、カッコワル~」
この言葉に奮起した男けっくん。
この日から今まで全く興味のなかった文字に俄然挑戦し始めた。(笑)


母は「字はなるべく遅く読めるようになった方がいい」と思う。
長女の時はいわゆる「あいうえお表」を壁に貼ったこともある。
でも字が読めていいことなんてあんまりない。
絵本を読み聞かせていても字が読めるようになると、どうしても文書を目で追ってしまうことになる。絵本は「絵を楽しむ」のがいいと思う。字が読めてしまうと絵が見えなくなる。字が読めなければ耳で聞いている間中、絵をじっと見つめることになる。そうすると絵から沢山の隠れた「メッケモン」を発見できる。ストーリーに関係しないどうでもいいつまらない事もある。でも字を追っていては絶対に見つけられない大事なものが発見できる可能性がググッと上がる。今まで子ども達の発見にビックリしたことは数多い。大人が見つけられないことを子ども達は沢山見つける。

ドライブをしていても字が読めてしまうとつまらない場面が沢山ある。答えが早く見つかってしまうのだ。目的地までの距離が分かってしまう看板とか、無人販売所に売ってある商品の看板とか・・・。読めなければ「あとどの位で遊園地につくのだろう」という楽しみは奪われることはないし、無人販売所に置いてある商品を自動車がその前を通りすぎる瞬間に神経を集中させて目で確かめる喜びを感じることもできる。

More
[PR]
by tnonkimama | 2009-01-22 00:47 | 子育て

ノリタイです♪

いまいち気分がノラナイ日々が続いております。
理由は簡単。
自転車乗ってません!
年末年始のバタバタの後週末はどんど焼きやマラソン大会の行事が・・・。
時間を見つけてやっと乗れるかな、と思ったら雨です。不運です。
コントロールの効かない自分が自分で嫌になり、どこかに糸口を探しまわる。
こんな時は本屋へ行くことが多いです。
今日はこれを買ってきました。
「いいかげん」なら自信あります。(笑)
f0092416_23245352.jpg

今夜読みたいと思います。


同時にイライラすると欲しいものが増えます。
コレ欲しいです・・・。
一応パンフレットだけもらいました。
f0092416_23251012.jpg


次の土日辺りにはやっと乗れそうな感じです。
どうか天気に恵まれますように♪
[PR]
by tnonkimama | 2009-01-18 22:05 | 自転車
今朝のできごと。

けっくん:「お母さん、トイレ行ってきていい?」
母:「いーよ。ゆっくりしてきてね」
トイレはいちいち了承を得なくても行ってちょうだい。

母の姿が見えなくなるとすぐに大声で探してくれるけっくんが心配しないように
母:「お母さんはトイレ行ってくるけん」
といつも言ってるから、きっとけっくんはその真似をしているんだね。

トイレから戻ったけっくん
けっくん:「ね~~~~お母さ~~ん、お母さ~~~ん!!」
母:「なん??」
けっくん:「パンツ2枚はいとったよ~~!」
左右の手に1枚づつ、2枚のパンツをヒラヒラさせる。
母:「は?」
あとはふたりで顔を見合わせて大笑いでした。
母:「どうして2枚もはいたと?」
けっくん:「知らん!!」

昨夜お風呂にはいる時母はけっくんが寒くないように、リビングの暖房の前に着替え一式を用意しました。けっくんを先にお風呂からあげました。
母:「寒いから早く着替えておいてよ」
とお願いしました。
けっくんの下着は脱衣場の棚に置いてあるので自分でパンツだけはいてリビングへ行ったのでしょう。で、揃えてあった着替えの中にもパンツがあったので、またはいたんでしょうね。
・・・気がつけよ!!(爆)
昨夜の気温はかなり低めでしたが、暖かく眠れたことでしょう。

以前に友人からパンツを2枚はいたケンちゃんの話を聞いて大笑いしたんだけど、けっくんも同じことやっちゃいました。(笑)
子育てって深いね。(笑)
ムカついたり大笑いしたり、忙しいったらありゃしないわ。
[PR]
by tnonkimama | 2009-01-14 12:35 | 子育て
自分のイラつきをうまく処理できていない。

頭で「喋り言葉」を組み立てることが全くできずに、思ったことをそのまま口に出す。そればかりか「大人だからもっともらしいことを言っておこう」と、思ってないことまでもプラスしてたたみかける。・・・・最悪だ。

相手の気持ちを理解しょうとする自分がいる一方で

「全く何考えてるんだか、さっぱり分からない!」というのが本音。

親の言うことをきかないのが子どもの仕事だ。そうだ、そうだった。

自分の思い通りにできる人間なんてこの世に存在しちゃいけんのだ。

自分の思い通りの人間は自分ひとりで充分だ。

「人さまの邪魔をしない」、たったそのことだけなのに我が子となると難しい。

思春期の子を持つ母の反省の日々はもう少々続く模様です。
[PR]
by tnonkimama | 2009-01-13 15:15 | 子育て

成人式♪

成人式ですね。
新成人の皆さまおめでとうございます。

つい昨日のように自分の成人式を思い出しますね。(相変わらずの図々しさ)
あの日も今日と同じように寒かったですね。
早朝から着付けをして父の車でサンパレスまで送ってもらい、車を降りてシャナリシャナリと会場へ入りました。式典でどんな訓示があったのかはさっぱり忘れました。それよりも会場前で友達と写真を撮りまくりました。

午後からは恩師のお宅へお邪魔して宴会でした。お酒を生まれて初めて口にしました。(なんてことは大嘘ですね 笑)
まだ学生だったし親のスネをかじりまくっていた私。当時「成人」ということをどう考えていたのでしょうね。あの頃の自分に聞いてみたいものです。で、説教したいです。(笑)

たった20年前の話・・・。

今ふと気が付きました。長女の成人式はたったの7年後。


成人とはいってもあの頃の自分はただの「馬鹿娘」でした。
今でもあんまり変わらないな、反省しよう。


で、
締めの言葉が浮かばないのでこれで終わります。
画像は全然関係ない我が家のカレーライスとかぼちゃのサラダ。
f0092416_17353837.jpg

[PR]
by tnonkimama | 2009-01-12 17:28 | 日常

今度はこれで

f0092416_20275793.jpg

ダイエット!

By 偽ダイエッター のんきママ
[PR]
by tnonkimama | 2009-01-08 20:30 | 日常