流されて過ごしてしまいがちな日常をちょっぴり振り返ることも必要かな。四人の子ども達と共に進んだりあと戻りしたり・・。元気に楽しく生きるすべを探し続けています。


by tnonkimama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

運動会が中止になった日曜日


日曜日は中学校の運動会の予定でしたが雨のため延期になりました。
残念!
お昼頃には雨も上がりました。
元気なけっくんの力がありあまっていたので、近くの城山に登りました。

ふたりで手をつないで登ります。

少し登って景色を眺めます。
けっくん:「ほぅ~、ずいぶんと登ってきたね。」
ひゃひゃひゃ♪
いつの間にか「ずいぶん」なんて言葉を使えるようになってるし。
ちょっと登ると
けっくん:「あ~疲れた・・・」
えっ、もう疲れたの??
母:「あっ、チョウチョだっ!」
けっくん:「えっ!どこどこ??あ~~、待て~~」
と走る。
なんだ~、全然元気じゃないか。騙されるところでした。


また少し登ると
けっくん:「疲れた~、もうダメ・・・歩けない」
聞こえないフリをしてトコトコと歩く母。
けっくんは座り込んでしまいました。
母:「もう少し登ったらけっくんの家が見えるよ~」
けっくん:「えっ!ホント~」
と走る。
まただ~。全然元気じゃないか。騙されるところでした。


栗が落ちていました。
イガイガを触ろうとします。
痛いんじゃないかぁ?と心で思うが放っておく。
上を見上げて、しばらく栗の木を眺めるけっくん。
けっくん:「あっ、やばい!!頭にイガイガが落ちてくるかもしれん。逃げろっ!」
・・・・・・・・・・・・笑
おもろいなぁ。子どもならではの発想ですね。


しばらく登ると
けっくん:「もう駄目・・・」と、
座りこんでいます。
仕方ないな~、10メートルくらい離れた所で
母:「はい、おいで」
としゃがんでおんぶの準備。
けっくんニャリとしたかと思うとダッシュ。
やっぱり・・・。


おんぶをして坂を登ります。
しばらく登ると我が家が見えました。
お留守番のお父さんに電話をします。
けっくん:「ねえ~山におるけん手ふってね」
お父さんがベランダから手をふっているのをみつけて大喜び。
けっくん:「おとうさ~ん」と大声で叫びます。声はちゃんと届いたそうです。
帰りはお父さんに車でお迎えをお願いしました。

お父さんが来てくれるだろう道を、やっぱりおんぶで下ります。
ああ、重たくなったな。
けっくん:「お母さん大分歩いたけん、もう痩せたかも知れんよ」
と背中からまわした手でお腹をぷにょぷにょと触ります。
は?はははは!!
母:「痩せた??」
けっくん:「ん~~、まだみたい・・・」(爆)
そしてお父さんと車が登ってくるのが見えると慌てて背中から飛び降りる。
母:「降りると?」
けっくん:「うん、弱い男だと思われるから」
きゃははは!
なるほどな。(笑)
車に乗るとお父さんに途中で見つけたバッタや毛虫や蟻や山ぶどうの話を嬉しそうにしていました。


中学校の運動会が延期になったおかげで、久々にけっくんとゆったりとしたふたりの時間を過ごすことができました。驚くほどお兄ちゃんになっていて母はビックリしました。
こんな些細な日常は忘れてしまいがちなので今日は日記に残しておきます。


f0092416_1115244.jpg

[PR]
by tnonkimama | 2008-09-23 10:53 | 日常