流されて過ごしてしまいがちな日常をちょっぴり振り返ることも必要かな。四人の子ども達と共に進んだりあと戻りしたり・・。元気に楽しく生きるすべを探し続けています。


by tnonkimama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

初MTB耐久 みごとな自爆♪

f0092416_10194568.jpg

f0092416_10232042.jpg

走ってきましたよ、「わらべの森」
もとい!
押しまくってきましたよ、「わらべの森」(笑)
MTB耐久3時間、ペアで初挑戦。

山の中をMTB押しながら思うのです。
私はココで何してる??
何でこんなきついことしてる??
これだけ押して歩くなら自転車がない方が楽に歩けるじゃん??
でもこれだけ歩いたら脂肪燃焼するよね??おお、ダイエット!
あまりに辛くて完全に頭では全然関係ないこと考えるんだ・・・。
と、「ホ~ホケキョ」と聞こえる。
おお、いいね~♪

次々と抜かれるんです、人間とは思えない人々から。(笑)
何でこんな所漕げるんですかぁ??ちっとも分かりません。
どうしてこんなグチョグチョの激坂を登れるんですかぁ?




乗れるのは下りのみ。それが恐い下り。(笑)
ややや!こ、恐いぞ!!と思いつつ、ブレーキをかけるのも恐い。
何とか下っていると、後ろから
「GO!GO!GO!」と声をかけられる。
聞き覚えのある声、ひょえ~焚き火の衝ちゃんじゃんか!やめちょくれ!!
その後も3回か4回か、ありがたく(?)衝ちゃんから声援を受ける。
(って、4回も抜かれた?笑)
に、人間じゃない!!

2周目に下りで自爆!
思い切りコケル。
自転車を投げ捨て状態で自分の身は守る。(笑)
あまりに派手にコケタので後ろからきたライダーに
「どうぞ・・」と転んだ自転車を持ち上げつつ道を譲るろうとするが、かわいそうだと思ったのか、放っておけないと思ったのか、
「いやいや、どうぞ。ゆっくり降りてください」と優しく応される。
「谷底は見ないで、見た方へ行っちゃいますから」
と後ろからアドバイスもらいました。
ご迷惑をおかけしました、どうもありがとうございました。
その後はただただ、他のライダーの邪魔にならないことを考えつつ走りました。

ケガもなく無事3時間を走りきったことで大満足でした。
ゴールしてすぐに隊長から
「オレはもう2度と走りませんから」
と宣言されました。(笑)
隊長、つき合ってくれてありがとう。
・・・私はまた走りたいけど。(笑)
なんなんだろうな、これは?自分でも良く分かりません。
レースではなく、わらべの森のコースをまた走りに行きたいと思いましたとさ。
こっそり練習しよっと♪
f0092416_1024677.jpg



~~後半へ続く
[PR]
by tnonkimama | 2008-05-25 23:07 | 自転車