流されて過ごしてしまいがちな日常をちょっぴり振り返ることも必要かな。四人の子ども達と共に進んだりあと戻りしたり・・。元気に楽しく生きるすべを探し続けています。


by tnonkimama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今さらですが・・

ここ数年、いい出会いが続いている。

約12年前の自分を振り返ると考えられないことだ。

初めて結婚をして、初めての場所に住み、初めて子どもを持った、あの頃の私。

寂しくてたまらない日々だった。

過去形で語ることができて、ホント良かったよ。(笑)



最近の出会いから感じること。

世の中、繊細な人が多い。

基準は自分だから、出会う人のほとんどが繊細だもんね。

「繊細」、と言うと「弱いイメージ」を持つけど反対。

繊細でありながら、世の中と自分とに、きっちり向き合ってる「強い繊細さ」を持つ人が多い。



「のんき」なんて聞こえの良い言葉(笑)があって、助かったよ。

「鈍感」な私だけど、それを武器にしてここまで年を重ねてきたから、自分の「鈍感さ」に感謝してるよ。

ただ気になるのは、がさつな言葉や行動で、繊細な人をどれだけ傷つけているかな?という不安。

あまり考えこんだって仕方ないことだから深く悩むことはやめよう。と思うけれど、娘たちを含めて私のこの心くばりのない発言を心大きく許して欲しい。よろしくお願いします。




「渡辺淳一著 鈍感力」を読んで、自分の鈍感さを正当化し元気をだそうとしたが、あえなく失敗。ここにある「鈍感力」を「鈍感力」と呼ぶならば、私の「鈍感力」は驚くほど高い。こんなの「鈍感力」とは言わんやろ?っというほど、私の「普通」が多々語られていた。・・・脱力。


ああ、大丈夫!落ち込みも激しいけど、回復も超早い私ですから。(笑)
自分の嫌いなところも含めて自分を好きになれる、そうじゃないと「のんきなママの日常」は続けられんけんね。
がはははは!
[PR]
by tnonkimama | 2007-09-01 06:22 | 自分のこと