流されて過ごしてしまいがちな日常をちょっぴり振り返ることも必要かな。四人の子ども達と共に進んだりあと戻りしたり・・。元気に楽しく生きるすべを探し続けています。


by tnonkimama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

考えすぎでしょうか?

夏休み突入です。
というものの、子ども達は家には誰もいません。
高校生は課外授業。
中学生も課外と部活。
小学生はサマースクールです。

娘「どうせ学校行くんだから、わざわざ『夏休み』なんて呼ばんでいいとに」
ごもっとも。
母の生活も何ひとつ変わらず、朝からお弁当作りに送迎の毎日です。



福島県の放射能問題も終息まではまだまだかかりそうですね。
牛肉の報道から、「ん?」と思いました。
小学校の給食の材料にも使われていた可能性があるとか・・・。


放射能問題は子ども達への影響が一番心配です。
目に見えないから心配だし
どんな影響があるのか知らないから心配。
体の中に入れてしまわないようにするためにはどうしたらいいの?
九州に住んでいる私でさえも不安に感じるのに・・と思います。


食べ物には気をつけて、買い物の時は生産地を見ます。
普段から地元産を使うようにはしているけれど。
お肉は今までは和牛を買ってたけれど、オージービーフのほうがいいの??
新聞で近くのストアーで問題の肉が売られていたことを知って、ドキッとしました。
自分はもう年齢的にもういいけど
子ども達はこれから健康でいて欲しいし、将来妊娠出産をする時のことも考えてしまいます。


個人でどんなに気をつけていても、給食で出されたらどうしょうもないですね。
国は子ども達の健康を守る手立てを早くとって欲しいと思います。



今回の件は厚生省の薬害事件とダブってみえてしまうんですよ。
「あーーーあの時国は間違ってました」とか後になってから聞かされても
子ども達の健康は戻ってこない。
子ども達を守るために自分はどうしたらいいのか?
不安に思いながら、少しでも悪い影響を与えない方法を考えながら、日常を暮らしています。
自分自身を守る力の無い子ども達のために、大人達ができる限りを尽くすことは当たり前のことだと思うのです。
[PR]
by tnonkimama | 2011-07-21 13:30 | 日常