流されて過ごしてしまいがちな日常をちょっぴり振り返ることも必要かな。四人の子ども達と共に進んだりあと戻りしたり・・。元気に楽しく生きるすべを探し続けています。


by tnonkimama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お礼とお願い♪

DELSOL隊長がデルソル姫についてブログに書いてくれました。
ん?
何だか褒められてはいるようだが、10回位読みましたが良く分かりませんでした(笑)
とにかく、「MTBを楽しんでいる」ことは、とてもいいことだ、と書いてありました。ありがとうございます♪


隊長が書いているように、私自身はMTBのことは何も分かっていません。
ダウンヒルとクロカンと耐久の違い?よく分かりません(笑)
それだけじゃなくて・・・パンクも直せないし、自分が乗ってるMTBがどんなMTBなのか、良く分かっていません。この前、くんちゃんのMTBを車に積む時にあまりに軽いのでビックリしました(笑)


私は「ただ楽しいから乗っている」のですが、
私以外のチームメンバーは、すごい人々です。漕ぐ力もあるし、体力もあるし、勝負師です。ついでに酒も飲みません。メンバーの名誉のために、わざわざ書いておきます。


私は子育てが一段落した時に出逢った「楽しいこと」が、たまたま自転車でした。
ひとりで乗れる。
自由に乗れる。
体力がなくても大丈夫。
体重が重くても比較的身体に負担が少ない。
など、自転車は私にとても優しいスポーツです。


レースは周りとの競争のようであって、そうではなくて、自分との戦いです。
きついなぁ、やめたいなぁ、こわいなぁ、と思いながらも、
楽しいなぁ、ルンルン♪だなぁ、と思いながらも
早く終わってほしいなぁ、と思うけど
この楽しさがずっと続いたらいいのに、と思うのです。


自転車漕いでる時は孤独なんだけど、
チームで走れば、レース会場へ向かう車の中から、もう笑いっぱなしの楽しい時間です。
会場では色んな方が声をかけてくれます。
「頑張って~」と声をかけてもらえると、嬉しいので過剰な反応をしてしまいます(笑)
今回の木城の大会があまりにおもしろかったので、遠征病にかかってしまった感があります・・。


さあ、まだまだ乗りますよ。
この前の木城の最年長賞は62才でした、私もあと20年は乗れる計算ですね(笑)
赤ちゃん連れでレースに参加している夫婦もいました、羨ましいです。


そうそう、この前くんちゃんに今注目の「とれとれ」について聞きました。
「持っていくもの」がまず理解できません。「コンパス」とありますが、この「コンパス」が磁石のことだと、つい最近気が付きました(笑)この話しをくんちゃんはフフフ♪と鼻で笑ってましたけどね。


さあ、今度はどこへ行こうかなぁ。
楽しみだなぁ。
迷惑かけないように気をつけますので、MTBerの皆さま優しく見守ってください。
よろしくお願いします。
[PR]
by tnonkimama | 2010-11-13 23:43 | 自転車