流されて過ごしてしまいがちな日常をちょっぴり振り返ることも必要かな。四人の子ども達と共に進んだりあと戻りしたり・・。元気に楽しく生きるすべを探し続けています。


by tnonkimama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

建築・土木12校定員割れ

本日西日本新聞朝刊1面に、建築・土木系学科がある九州7県の県立高校42校の約3割のあたる12校で同学科の定員割れが起きているという記事が載っていました。

ん~~残念ですね。
我が家は田舎の小さな土木業者です。
近年は苦しい経営状況が続いていますが
「コンクリートから人へ」を理念とする鳩山内閣になってから、状況はますます厳しくなっています。
技術者公務員の定員はどんどん減少して、民間会社も減少し続ける、卒業しても就職は難しいらしい。


「土木」という言葉が流行らないのか、最近は学校の学科も「都市工学」とか「建築環境」とかいう言葉に変化しています。つい最近に役所の「土木事務所」は「土整備事務所」に名称を変更しました。


大体ニュースで悪いことする人は「土木作業員」が多い気がする(笑)
テレビドラマではお金に困ったら、ドカチンの夜間作業が基本(笑)
裏金に談合etc・・・
イメージ悪いで~す♪

道路作ったり、橋を作ったり、災害の復旧をしたり、下水道を掘ったり、
土木の仕事は生活に密着した無くてはならない仕事です。
工事はいつも危険と隣りあわせで、現場で働いている人はみんな毎日命をかけてます。


「土木」はイメージが悪いけど優しい目でみてね、というお願いでした。
[PR]
by tnonkimama | 2009-12-18 13:37 | 日常