流されて過ごしてしまいがちな日常をちょっぴり振り返ることも必要かな。四人の子ども達と共に進んだりあと戻りしたり・・。元気に楽しく生きるすべを探し続けています。


by tnonkimama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

強運♪

地下鉄福大前駅が近ずく。
「アレ?おかしいぞ、人が少なすぎ」
「まさか~~♪」と思いつつ
カバンの中に入れたままの受験票をそ~っと開く。
会場は最寄り駅:JR九産大前駅
ぷぷぷぷぷ!!

受験会場を間違えたことに気がついたのは福大前駅でした。
一度改札を出て、切符を買い直し、改札をもう一度入って、天神方面に乗る。
時計を見ると8時45分。
「さてと・・・天神までは一体何分かかるのだろうか?」
「これはきっと神様が受験しても無駄だぞ・・って言ってるのか?そうだよな、全然勉強なんかしてないし。う~~ん、いつも仕事も家事も何でも頑張ってるから、今日は映画でも観てゆっくりしなよ、ってこと?」
などとウダウダと考えつつ
カバンの中に入れたままの受験票をもう一度開く。
「9時20分までにに着席ください」
ぷぷぷぷぷ!!


南天神駅に着いたら9時。
改札を出たら一番近い出口から地上へ。地上へ出たらすぐ流しのタクシーが来た。
「タクシー乗り場でもないのに・・奇跡だ」
手を挙げてタクシーを止める。
私:「あの~~、九産大まではどの位かかりますか?」
運転手さん:「25分くらいかな」
私:「いくら位かかります?」
運転手さん「3千円くらいかな」
・・・・・・・・仕方ない、間に合った時には神様が受験しなさい、って言ってるってことで。
間に合わなかったら天神に戻って映画観よ~っと。
タクシーの運転手さんに一番早い方法でとお願いし都市高速を使って、バンバン飛ばしてもらう。
もちろん15分で着いちゃった。
4千円を渡して心では「もったいない」と思いながら「おつりはいいです」って言ってた。
運転手さん:「頑張ってくださいね~」と叫んでくれた。


校門を入り受験票を片手に握り、警備員のおじさんに会場を尋ねる。
広いキャンパス、分からない。
警備員のおじさんも時間ギリギリなことを知っているようで、
「こっち、こっち」と走りはじめちゃった。追いかける私。


席に着いたのは9時25分。
着席時間を5分過ぎていたけれど試験官からは何も言われなかった。
試験開始は9時半だった。
最初の10分は流れる汗を拭くばかり。


試験は終わった。
分からなかった。
ぷぷぷぷぷ!!


「間に合ったことで運を使い果たしたんだね」
と、
この後一緒にランチした友人は大笑いした。
ぷぷぷぷぷ!!
その通りだと思う。
[PR]
by tnonkimama | 2009-09-17 22:40 | 日常