流されて過ごしてしまいがちな日常をちょっぴり振り返ることも必要かな。四人の子ども達と共に進んだりあと戻りしたり・・。元気に楽しく生きるすべを探し続けています。


by tnonkimama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

なみだ♪

f0092416_11531795.jpg


久しぶりに「子育て座談会」へ高田悦也先生に会いに行きました。
途中で入ってきたお母さんがたまたま私の横に座ったのですが
「ん?」と気がついたら、そのお母さんは泣いていました。
「何か辛いことがあるんだろうな」と思いながら、私はもう涙が出そうになっちゃって。
私正直言って、超涙もろいんですぅ・・・
グッと堪えるのに必死でした。


そのお母さんがあまり泣くものだから、背中を撫でてあげたくなってしましました。
でもそんなことしたら、もっともっと涙を誘導しちゃうかな。
というか、彼女に触ると絶対私が泣くぞ。
と思って、触れることができなかったです。


その間、座談会の話など耳に入る訳もなくただただ必死に涙を堪える。
そしたら高田先生が私を指名。
「で、どう??全然泣かんやろ??」
って・・・。
今すでに泣きそうなんですけど~、指さないでください。

だいたいさ~
「はじめてのおつかい」でも
「アルプスの少女ハイジ」でも
「大家族スペシャル」でも
泣きます、私。


高田先生:「泣くうちはね、可愛げもあるけどね。母は強くなるとだんだん涙なんか見せんけんね」だと(笑)


「強さ」と「涙」は関係ないと思います!
自分で言うのもなんですが、強いですがすぐ泣きます。


泣く行為も笑う行為もあまり変わらないと思う。
思い切り泣いたり
思い切り笑ったり
普通にできることが、こころに風邪をひかせないためには大事だと思う。


で、
「はじめてのおつかい」で泣けるシーンになると
子ども達はみんなテレビではなく母をジッと見る。
で、泣きはじめると指さして大声で笑いはじめる。
ちぃっ!
[PR]
by tnonkimama | 2009-09-03 06:42 | 日常