流されて過ごしてしまいがちな日常をちょっぴり振り返ることも必要かな。四人の子ども達と共に進んだりあと戻りしたり・・。元気に楽しく生きるすべを探し続けています。


by tnonkimama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

どうしょうもないけれどちょっと語ってみよう♪

4月のあたまには雪が降ったというのに、気温が20度を越えるとは・・・。大地震が起こったり、桜島が爆発したり、やっぱり地球は勝手な人間に腹を立てているのかも知れない。と、感じつつも「マイバック」も持たずに買い物に行き、「マイ箸」も持ち歩かない。(と言っても外食はしないけど)反省してください、自分。

年度末を越えればちょっとはマシになると思っていましたが、ただの思い込みだったようです(笑)新学期、慌てて制服の補正をしました。みんな大きくなったね、母は嬉しいです。保育園や小中学校から「家庭調査表」やら「健康調査表」やらもらってきまして、提出期限はみんな同じ。夜なべをしてそれぞれを4枚づつ記入しなけりゃいけません。「子どもの長所」「子どもの短所」の欄は、あまりに褒めるのも可笑しいような、しかしあまりにひどいことを書くのも「いい印象」にはならないし(笑)毎年、差し支えのないつまらないことを書き並べるのに落ち着いてしまいます。字がヘタなのは仕方ないとはしても「誤字はないか?」「文書はおかしくないか?」と学校に提出するものは気を使います。きっと先生は沢山の調書だからそんなにしっかりは読まないのだろうけど(予測 笑)

保育園は長男けっくんが年長組。次女三女が6年生ということもあり、ふたりもお世話になっているという流れから今年は役員の当り年です。できることしかできませんが(あたりまえ 笑)頑張りたいと思いますので、届きませんがあたたかい目で見守ってくださいませ。

皆さんから心配いただいている脚の状態ですが、かなりいい調子です。無理はしていませんし、自転車も乗っていません。エライ自分。というか・・・そんな時間がないだけですが。体重への影響がジリジリときていることだけが気になります。今日は久しぶりに仕事がお休み。・・・・・乗りたいね(笑)


そうそう、「定額給付金」と「子育て応援手当」の申請をしました。はて?いつ振り込まれるのでしょうか?ウキウキ♪
それから補正予算の行方も非常に興味のあるところでした。新聞報道だけしか知りませんが、「な~んだ、いつもと変わらないのね」が感想です。「お金のバラマキ」感は強いですね。国民から文句を言われないように・・・という選挙も見え隠れした「ふにゃふにゃ予算」です。借金もまだまだ増大し続けるようですし。もっとお金がまわる有効な使い道はないのでしょうか?日本国には頭のいい人がいるはずなのに。で、色々な疑問があります。

子ども関係の予算をみると、
公立高校に通う学生に補助金を支給。実質には授業料免除の額になるとのこと。高校が義務教育化していることや学費の滞納のため退学に追い込まれる学生がいることが背景にあるのは分かりますが、なぜ公立高校に限ってのことなんでしょう?私立のほうが授業料は高いような印象があるのだけれど。優秀な学生が集まる私学に、エスカレター式の小学部から通わせることができる家庭には補助は必要ないのでしょうね。ますます貧富の差が子どもの教育に大きな影響を与える時代になっていくのでしょうね、多いに不安です。

単年だけ実施の「子育て特別応援手当」の対象が3才から小学校就学前までなのはなぜなのでしょうか?この年齢制限はどんな意味があるのかしら?誰がどうしてこう決めたの?年36000円は大きいですよね。私は6才以下はみんな支給されるかと間違ってました。


そして無職の人が増えたので対応しきれず、ハローワークの職員の臨時に大量増員。・・・う~~ん、どうでしょう??

頭金がなくても住宅が買える??住宅ローンの審査を甘くすることで国民に借金をすすめてどうするんでしょう?建てました、住んでみて払ってみたけど無理でした、破産宣告で借金はチャラでお願いします・・ってことにはならないんでしょうかね?

宙に浮いた年金の記録を探すための予算が多額に計上される。そしてこちらも職員増員によって雇用を増大させる・・・う~~ん、どうでしょう??
気になるのはそちらの方ばかりに目がいって、今現在の年金の管理や調査はキチンとされているのでしょうか?っていうか、いつかけても今だに保険事務所への電話はつながりません。職員さんファイトです。


とかとか、所詮私がこんなことを考えてみたところで色んなことが好転するわけもありません。地道に働き、ローンを返済し、子ども達の笑顔のために食事を作り、夜は眠たくなれば寝る。そして休日には自転車を漕ぎましょう。こんな幸せな毎日が死ぬまで続くことを願って、今日の「どうしょうもないけれどちょっと語ってみよう」を終わります。

美味しそうな竹の子がやってきました。
さあ、「竹の子ご飯」を仕込むことにします♪
[PR]
by tnonkimama | 2009-04-11 12:15 | 日常